体を鍛える意義

体を鍛える意義:長生きしたければメンテナンスを心がけよう

医療の進歩で、平均寿命80歳と長生きできるようになり、体を鍛える必要性が増しました。
長生きするなら健康な方がいいですよね。特に、昔と違い、日常生活や仕事の質が変化して、普段の生活で体を鍛えることができにくくなりました。そのため、自主的に運動を行うことで、体を鍛えないと、健康を失うかもしれません。

体を鍛えないと大変

車や家と同じくらい体のメンテナンスをしよう

家や車には、手入れやお金をかけるのに、自分の身体というもっとも大切な資産はほったらかしという方が多い。車は古くなれば買い換えることができるのに、体はできません。
そのため、食事や運動・生活習慣自体で、実年齢よりも若い体を維持することができます。逆に、老いさせることも簡単にできます。

健康を維持していれば、長生きできますし、病気になる可能性も低くなります。体を鍛えて健康に良い食事・生活習慣を維持することの大切さは、ご存じの通り。

体を鍛えればストレスに強くなる

現代社会にもう一つ付き物が「ストレス」。このストレスも体を鍛えることで、少し解消することができます。トレーニングをして健康で筋力を手に入れると、自分に自信がつきますし、体を鍛える努力に対して、肉体の変化が現れることで、成功体験を手に入れることに。これがあなたのストレスを軽減してくれるのです。

最初は少し苦しくても、トレーニングで体が変化していき、以前よりも負荷の高いトレーニングをできるようになると楽しさもアップして充実していくはず。スポーツジムで長続きしなかった方は、一度、プライベートジムで半強制的に肉体改造に取り組んでみてはいかがでしょうか。

体力は、柔軟性・持久力・筋力の3つに分けることができます。若い人は、持久力や筋力。年を取った方は柔軟性がより大事な要素。ただ、3つの要素をバランスよく鍛えることが重要で、筋力だけを鍛えるとスピードや柔軟性が失われることは周知の事実です。

からだを鍛えて健康長寿

家や車は十年でガタがくる

筋肉と関節を動かすことで、血液の流れも良くなり、健康的な体になります。血液が滞ることで、病気や怪我しやすい体になりますね。

家や車も10年経つとあちこちにガタがきて、修理が必要になります。日頃からメンテナンスをしておくと長持ちすることは経験済みのはず。あなたの体も同じ、メンテナンスをしておけば、10年どころか80年もの長期間、文句も言わずに動いてくれます。

幾つになっても健康でいたいなら、今からでも遅くありません。体を鍛えることをはじめてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


プライベートジムの総合比較ランキング