安さにびっくり

安いプライベートジムもちゃんとあります。15万4224円が最安値!

ライザップのCMを見て、プライベートジムに興味を持ったあなた。値段が高いからと躊躇せずに、安いジムを探してみましょう。もう少し安くトレーニング&痩せることにチャレンジすることができます。

トレーニングで肥満解消こんなにダイエット本や方法が満載なのに、なかなか痩せられない。それは、人間の本能に逆らうから、飢餓時代が終り飽食の時代に変化してわずか数十年。これでは、人間の生物としての本能は変わりません。もともと、食糧不足解消が人類の歴史だったので痩せるよりも太る方が楽。

真剣にダイエットするならば、トレーナーが管理してくれるプライベートジムがおすすめです。その中でできるだけ安いジムを探している方もいらっしゃることでしょう。プライベートジムの価格を調査してみましたでの参考にしてください。

価格の安いプライベートジムは

東京で一番安いプライベートジムは、カラダボディマジックでした。入会金+2か月間の会費を合計すると半額以下。これは安い!【2015年10月22日】

ライザップとの違いは、完全個室ではないこと、店舗が一つしかないことが大きな理由。カラダボディマジックは、ビーチバレーの選手や女子ラグビーの七人制チーム「APパイレーツ」などをバックアップしているので、トレーニング効果もしっかりしているのではないでしょうか。

24/7ワークアウトやエススリーも20万円強でトレーニング+食事管理ができ、価格の安いプライベートジム。

基本的なプライベートジムのサービスは、押さえています。トレーニングと食事管理・生活習慣で、美しさ・健康・力強さを手に入れることが目的!

テレビCMやネット広告では見違えるように体型が変わり、血糖値や体脂肪率などが変化したとアピールしていますが、マジメに通えば、達成できることでしょう。途中で挫折する確率も、スポーツジムに通ったり、自分自身で行うより遥かに低いはず。というか自力ダイエットの成功率はめちゃくちゃ低い。

一番、有名なのがライザップですが、価格がかなり高いのが欠点。他の安いジムを検討している方は、無料ガイダンスで問題ないかを確認した上で入会しましょう。

安いプライベートジムは何が違う

値段が高いジムは、ダイエット効果が高い?安いジムは効果が低い?

と不安になってしまいますね。これ、必ずしもそうとは限りません。

プライベートジムは、ここ数年で拡大している新規ビジネスですから、マーケティング的に広告宣伝費がかさみます。特にライザップのように有名なタレントを起用して、実際に体験までしてもらうとタレントに支払う宣伝費だけで数千万円かかります。テレビCMや雑誌広告も安いので数百万円・高いと数千万円とあわせて億円単位のお金がかかります。

その他、ネット広告も数十万円から数百万円の広告宣伝費がかかってしまいます。

更に、プライベートジムのトレーナーを、募集育成する人件費・店舗の不動産代などがかかりますので、どうしても既存のスポーツジムより価格が上昇します。

スポーツジムは、毎月の価格を安くして長期間継続するビジネスモデル。一方、プライベートジムは2か月間の短期集中型モデルですから、価格が高めになってしまいますね。

広告宣伝費が安い

その中で、価格を安くしているプライベートジムは、広告宣伝費をかけていません。コバンザメ商法と呼ばれる事もありますが、ライザップ等の大手ジムが認知度・ブランド向上で広告宣伝をすることで、プライベートジム自体の認知度が上がります。すると、実際にテレビCMを行っているライザップ以外の会社への流入も増えるのです。その際に、値段が同等だと誰も選んでくれませんから、安くしておくのです。

広告費を安くする

広告宣伝費をかけない分、入会費は安くできますよね。

後は、値段に敏感なお客様が無料体験やコンサルティングで気に入ってくれればOK。宣伝力やブランド力は劣っても中身勝負ができます。

あまりに安すぎて、トレーナーの質や設備が悪い場合もゼロではありません。その点は、無料体験やコンサルティングで判断しましょう。

また、脱毛サロン最大手のミュゼプラチナムが任意整理に入ったというニュースがあるように、規模が大きいから安心という事は言い切れません。規模が大きいということは、広告費・人件費・店舗費と運転費用も高く、急成長路線が狂うとあっという間に倒産するケースも良くあります。

プライベートジムを選択する時も値段の安さだけでなく、評判やスタッフの士気・清掃具合などを見て、判断しましょう。もちろんプログラム内容や自分のトレーニング目的に合っているかどうかも大切。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


プライベートジムの総合比較ランキング