男性と女性の違い

男性と女性の肉体的運動能力の差は約10~20%

女性の活躍が目覚ましい中、プライベートジムなどでトレーニングを行う女性も増えています。痩せたいという願いは男性より女性の方が一般的に強く、美しいスタイルを手に入れる目的の人は多いでしょう。

定期的な運動は、女性にも男性にも健康や体調管理上、有用です。ただし、身体的能力に関しては男女間に違いが生じます。

同じ、筋トレをしても男性と比べて女性は筋肉量が増えにくいことが普通。筋肉と脂肪のバランスは、男性は筋肉が付きやすく、女性は脂肪が付きやすい体です。そのことを理解した上でトレーニングを行った方が良いと思います。

男女の肉体的運動能力の差

ジョン・ワイズマン氏の著作、SAS流肉体改造マニュアルには、男性と女性の肉体的違いについて、下記のように書かれています。

・心臓の容積が小さく、心拍出量も同じ容積を持つ男性より約10%少ない。
・同じ体重の場合、血液量が約20%少ない
・血液タンパクを運ぶ酸素が少なく、肺活量が10%少ない
・骨盤が広いために、大腿骨の傾きが大きく、両ひざが接近している。
・同じ体重の男性よりも体脂肪が約10%多い
・アキレス腱が短く、走っているときの弾性収縮力が小さい
・月経周期は、肉体や精神を圧迫し、さらには全体的な能力を減少させることがある。

男性と女性では、運動能力を個別に見ると、約10%~20%の違いがあります。女性のアキレス腱が男性より短いというのは、私もはじめて知りました。意外なところでも男女間の違いがあるなと感心しきり。

ウサイン・ボルト

●男性の陸上競技記録

 競技 選手 記録 日時
100m競争  ウサイン・ボルト 9秒58 2009年8月16日
 マラソン デニス・キメット 2時間2分57秒 2012年5月6日
 走幅跳び マイク・パウエル 8.95m 1991年8月30日
 砲丸投げ ランディー・バーンズ 23.12m  1990年5月20日

●女性の陸上競技記録

競技 選手 記録 日時
100m競争 フローレンス・ジョイナー 10秒49 1988年7月16日
マラソン ポーラ・ラドクリフ 2時間15分25秒 2003年4月13日
走り幅跳び ガリナ・チスチャコワ 7.52m 1988年6月11日
砲丸投げ ナタリア・リソフスカヤ 22.63m 1987年6月7日

フローレンス・ジョイナー

陸上競技の世界記録を比較してみました。競技により差はありますが、記録上、大体10%前後の違いが男女間であることが分かると思います。

このように、良くも悪くも男性と女性で肉体的運動能力に違いがある点を理解した上で、女性向けトレーニングは実行した方がいいということ。ただし、女性は、男性並みの筋力を身に付けたい人より、女性らしいスタイルやダイエット目的の方が多い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


プライベートジムの総合比較ランキング